化粧水の比較がこんなに重要なんて

化粧水を使ったあとは乳液やクリームで保湿しよう

顔を洗った後は肌に水分だけ与えればいいと化粧水だけ使っている人もいるでしょう。

化粧水の成分はほぼ水でできています。もちろん水だけではなく、皮膚を柔らかくする成分や保湿成分なども配合されているので、肌に浸透しやすくなっています。そのため、肌が潤ったり柔らかくなったりします。さらに、その後に使う乳液やクリームなどの浸透を良くする役割などいろいろな役割があります。

化粧水は肌に水分を与えてくれますが、保湿はできません。水に配合できる保湿成分はわずかなので、保湿効果は期待できないのです。それに、肌に水分を与えてくれますがその状態が長時間続くわけではありません。

潤っている状態は一時的なので、しばらくすると水分は蒸発してしまいます。そうなると、肌が乾燥してしまう場合があるので、乳液やクリームなどの保湿効果があるものを使って化粧水の水分を閉じ込めてあげないといけません。

しかし、脂性肌の人は油分を与え過ぎるとニキビが出来たり毛穴が詰まったりしてしまうので、化粧水だけでケアした方がいい場合があります。使い心地がさっぱりしているものを選び、乳液やクリームを控えめに使うという方法もあります。

乾燥肌の人は乳液やクリームを使った方がいいです。そうしないと、さらに乾燥が悪化してしまう場合があります。使い心地はさっぱりしているものではなくしっとりしているものを選びましょう。乾燥がひどい人はシートマスクを使うといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です